銀座のクラブのホステスに送る花!どうやって選べばいいの?決まりやルールはある?

銀座のクラブは男性の楽園。そこで働くホステスたちは夜の蝶。とても美しく、知的で、一緒に過ごすだけで癒されます。
また、銀座のクラブはビジネスマンの社交場としての要素を持つことから、「オン」と「オフ」両方の目的で楽しめる奥が深い場所です。

銀座のクラブのホステスは「夜の蝶」と称されることも多いということで、昔から彼女たちへの贈り物として定番のものの1つが「花」です。

水商売に花は付き物!花束のプレゼントは人気がある

水商売の世界に花の贈り物は付き物です。
銀座のクラブでも花の贈り物は定番で、贈ると喜ばれます。

ホステスにちょっとした贈り物をしたい気分のとき花束は活躍します。来店した際に渡すのはもちろん、同伴の待ち合わせの場で渡すとしても、華やかで良いのではないでしょうか。

ちょっとした贈り物は「物」を選ぶより「花」を選んだほうがインパクトがあり女心をがっしりキャッチする・・・ということも、時にはあるかもしれません!

銀座のクラブのホステスに花を送るときの花屋選びのポイントは?

銀座のクラブのホステスに花束を送ることにしたら、まずは依頼する花屋を決めましょう。
花屋選びのポイントは、銀座のクラブのホステスに送るなら「銀座の花屋」を選ぶことです。

銀座の花屋はホステスへの贈り物用の花束プランが用意されている場合が多く、初めて花を購入する際にも、選びやすくなっています。

また、ホステスという夜の蝶に送る花束は華やかさが必要になります。その辺りの感覚に強いというのも、銀座に店舗を構えている花屋の魅力です。

ホステスの誕生日やちょっとした記念日!花を送るときの予算は?

花屋に足を運ぶ際に、まず気になるのは料金ではないでしょうか。

銀座のクラブの開店時に送るような「花のスタンド」になるとまた別ですが、ホステスへの贈り物の花束については数千円~1万円程度のものが多いです。
ホステスとの付き合いの長さやお祝いの内容によっては3万円以上の花束を選ぶ方もいるようです。

予算を削りたいときは、数千円。
無難なのは8千円から1万円だといえます。

花の種類やデザインに指定はあるの?

ホステスに贈る花の種類やデザインは、基本的に指定はありません。
ただし、暗い内容の花言葉を持つ花は誤解されてしまう可能性があるので、絶対に避けるようにしましょう。

花言葉に詳しい男性は少ないかもしれませんが、詳しくなくても大丈夫。この辺りについても、銀座に店舗を構えている花屋に依頼すれば察してくれるので心強いです。

ホステスに花束を贈る際、ただ美しい花を選ぶというのも良いですが、そのホステスの「イメージに合う花束にした」と一言添えられるほうが喜んでもらいやすいです。

ホステスのイメージ・・・日ごろのドレスから好みの色を何となく掴んでおいたり、同伴時の私服から好み(可愛い系なのかクール系なのか等)を掴んでおいたりして、そのイメージを花屋に伝えると、花屋がどの花をどれくらい入れるのか、選んでくれます。

銀座のホステスに送られることがある100本のバラ・・・いくら?

ドラマや映画でたまにある、男性が女性へ100本のバラの花束を贈るシーン。バラが100本もあると美しさと迫力が合わさりとても素敵ですよね。
ホステスも女性なので、100本のバラの花束に憧れを持っていることが多いです。
お気に入りのホステスには100本のバラの花束を贈るのも良いかもしれません!

それでは、実際に100本のバラの花束を贈ると料金はいくらになるのかというと・・・!
5万円前後となります。

「思っていたよりも安かった」と感じた男性もいれば、「思っていたよりも高かった」と感じた男性もいるのではないでしょうか。

最近ではホステスもInstagram等のSNSを利用していることが多く、いわゆるインスタ映えする100本のバラの花束は喜ばれる可能性大です。

とはいえ、本物の花はいつか枯れてしまい、「物」を贈る場合と違ってずっと残るわけではないという特徴があります。
ずっと残るほうが良いという気持ちから「物」を贈りたい場合は、別途ホステスにリサーチしてみるのも良いかもしれません。

銀座のクラブのホステスへの贈り物で花は人気がある!

今回は銀座のクラブのホステスに「花束を贈る」をキーワードに、花屋や花の選び方等をご紹介しました。

今も昔も銀座では、男性からホステスへの定番の贈り物の1つは花束で、ホステスにも喜ばれやすいです。
男性としてもちょっとした贈り物をしたいときに、花束は重宝します。
花の選び方に迷ったときには、銀座の花屋が力を貸してくれるので、ぜひ相談してみてはいかがでしょうか!

ちなみに、ホステス目当てでお店に通っている場合でもママのお誕生日には忘れずに花束を贈るようにすると喜ばれます。
ママを味方に付けると、お店での居心地がさらに良くなり、常連として何かしらサービスも受けられるようになるかもしれません!

特に銀座という人情の街、一流が集まる街では、ちょっとした気配りが後で意外と大きなリターンとなることもあるようです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


初心者にも優しい銀座クラブ口コミ・評判・人気ランキング


おすすめ記事